和光市ファミリー・サポート・センター

NPO法人病児保育を作る会(緊急サポートセンター埼玉)が和光市から委託を受け、運営している和光市の一時保育・一時預かり・送迎サービス

★サポート内容、料金★和光市 ファミリーサポートセンター事業・産前産後サポート事業

ファミリー・サポート・センターのご案内

和光市では、子どもを預けたり・預かったりする活動(ファミリー・サポート・センター事業:略称 ファミサポ)、お母さんが妊娠中や産後を安心して過ごせるようお手伝いする援助活動(産前・産後サポート事業)を行っています。
これらの活動は依頼したい方、協力できる方が行う、有償のボランティア援助活動です。いずれの事業も援助活動を行う前に会員登録が必要です。
※ファミリー・サポート・センター事業、産前・産後サポート事業は利用できる対象が異なるため別々の会員登録が必要になりますのでご了承ください。

●ファミリー・サポート・センター事業 (ファミサポ)について       
子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)と手助けができる人(協力会員)で地域のネットワークをつくり、会員による育児の相互援助活動です。

●会員資格(本ホームページの内容及び会則に同意した場合で以下に該当する方が会員になることが出来ます)
  
①依頼会員
→和光市在住・在勤で生後43日から12歳(小学校に在籍)までのお子さんをお持ちの方。

②協力会員
→心身ともに健康で、活動に理解と熱意のある、和光市及び隣接地域に居住している方。
→ファミリー・サポート・センターで行う講習会を受講した方。
2019年度の講習会日程は、決まり次第本ホームページでお知らせいたします。
★2019年度 講習会日程はこちら
 
③両方会員
→依頼会員と協力会員、両方の条件を兼ねている場合、両方会員になることができます。

●援助活動の対象となるお子さん

  生後43日から12歳まで(小学校に在籍)のお子さん

●ファミリー・サポート・センターで手助けできる内容
・保育所・幼稚園開始前・終了後の送迎
・保育所・幼稚園開始前・終了後の預かり
・放課後児童クラブ開始前・終了後の送迎
・放課後児童クラブ開始前・終了後の預かり
・小学校登校前・放課後の送迎
・小学校登校前・放課後の預かり
・保護者等の冠婚葬祭による外出、他の子どもの学校行事の場合の預かり
・保護者等の外出の場合の預かり
・保護者等の就労(短期・臨時・求職活動等)の場合の預かり
・保護者等の病気、急用等の場合の預かり
・学校・保育所等休みの時の預かり
・学習塾や習い事等の送迎
・保育所施設等施設入所前の援助
・保護者等のリフレッシュ・習い事等の預かり
※その他についてはセンターにご相談ください

●ファミリー・サポート・センターで対応出来ない内容
①風邪を引いている最中や具合の悪いお子さんの預かりや送迎。
 また、援助活動中、保育中の事故などによる緊急時を除き、協力会員が保護者の代わりに
 お子さんを病院に連れていき、診察を受けることは出来ません。
②宿泊を伴う預かり。
③協力会員1人に対し、子ども1人(兄弟の場合は複数可)の援助が基本となります。
 原則、協力会員が、他の活動中に同時にお願いすることはできません。
④事前打ち合わせで確認したもの以外の援助活動はできません。送迎など、新たな活動を依頼
 したい場合は、センターへご相談下さい。同じ協力会員に依頼する時でも追加で打ち合わ
 せをする場合があります。
⑤子どもは必ず大人に引渡します。留守宅への送りはできません。

●子どもを預かる場所
子どもの預かりは、会員の自宅、児童館や地域子育て支援拠点等の施設、その他子どもの安全が確保できる場所で行います。

●報酬
平日(月~金)午前7時~午後7時        360円/30分
平日の上記以外の時間及び土、日、祝日の終日  420円/30分
年末年始                                             450円/30分

補足1)活動を依頼する最小時間
・依頼時間は30分からとし、その後10分ごとに報酬が加算されます。(その間は四捨五入)
・但し、初回のみ、最低1時間からの依頼とします。1時間未満で活動が済んでも1時間分を支払います。

補足2)料金計算のもととなる時間
依頼時間より実際の活動時間が短い場合は依頼時間で計算。依頼時間より実際の活動時間が長い場合は実際の活動時間で計算。

補足3)兄弟姉妹の割引
・兄弟姉妹2人目からは半額になります。

補足4)送迎などの場合の時間計算
協力会員が自宅を出た時刻から、帰宅するまでを活動時間とします。

当日、時間短縮した場合、当初予定していた活動時間分支払うことになるので、確実な時間設定をしてください。延長は協力会員の承諾を得て行い、延長分も含め支払います。

補足5)依頼キャンセル料
・前日までの取り消し・・・ 無料
・当日の取り消し・・・依頼した時間の半額(兄弟の人数にかかわらず一人分) 但し、兄弟一人でも利用した場合はキャンセル料は無料
・大雪・地震・台風のための当日のキャンセル・・・無料
・無断での取り消し・・・・全額

補足6)実費
食事、おやつ等は原則として依頼会員が用意してください。やむを得ず協力会員が用意する場合は、実費を支払います。
食事代1食上限500円、おやつ代100円、おふろ代100円、その他実費。

交通費については、かかった実費を支払ってください。
協力会員の車を使用した場合は、190円(市内)を活動費にプラスする。

補足7)報酬の支払い
依頼時間に応じ、直接協力会員に支払います。支払いはその都度が原則。協力会員了承の上、まとめて支払う場合も翌月の5日までには支払ってください。

補足8)依頼・協力会員双方が了承し、センターが特別に認めた場合、二人までの子ども
を同時に援助することができます。その場合報酬は、それぞれが基準どおりに支払います。
例:保護者会出席の為、二人の依頼会員が、子どもを同じ協力会員に預けるなど。

計算例1)
8時30分~9時5分の35分間 40分として換算 360円+120円=480円

計算例2)
姉1人、弟1人を同時に15時~16時で1時間援助した場合720円+360円=1080円 

計算例3)
学童保育に18時にお迎えに行き、18時30分に習い事に送り届ける援助活動。
協力会員宅から学童保育までの移動時間 10分、習い事の場所から協力会員宅までの移動時間10分の場合。援助活動開始時刻は17時50分、援助活動終了は18時40分。50分間の活動。
360円(17:50~18:20の30分)+360円×2/3(18:20~18:40の20分)=360円+240円=600円

●保険
→万が一に備えNPO総合保険に加入します。
   ●賠償責任保険・・子育てサポーターが利用者の身体や財物に損害を与えて、
    賠償責任を負った時の保険 
   ●傷害保険・・お子さんがケガなどをされた場合の保険

 
登録から利用までの流れ

その1)インターネットから登録(依頼会員入会希望者の作業
和光市ファミリー・サポート・センター 入会申込を開き、入力、送信

協力会員の紹介は、最低1回以上、具体的な利用日時が決まって
からとなりますのでご了承ください。

入会申込はコチラ

↓↓↓

その2)援助が必要になったら以下①(希望援助内容の連絡)を行います(依頼会員の作業、※援助希望日などが既に決まっている場合は入会申込と一緒に行っても構いません。)
援助申込右記①
①希望援助内容の連絡
方法1センターに電話 
 090-6530-0961(平日9時~16時)
方法2インターネットから送信
 和光ファミサポ協力会員紹介依頼フォーム を開き、入力、送信               

和光ファミサポ協力会員紹介依頼フォームはコチラ

↓↓↓

その3)協力会員探し、事前打合せ日程調整、及び依頼会員への事前打合せ日程連絡(センターの作業)

↓↓↓

センターから事前打合せ日程や場所などの連絡が来たら以下を行います。(その2の作業から援助希望日までの期間が短い場合は、その2、その3の作業を同時に行っていただく場合もあります。協力会員が見つからず作業が無駄になる場合もありますがご了承ください。)

その4)情報送付 以下②③の作業を行います(依頼会員の作業
②援助対象児童の現時点の情報送付
 インターネットから送信
  和光ファミサポお子さんの状況入力フォーム を開き、入力、送信

和光ファミサポお子さんの状況入力フォームはコチラ
           
③自己紹介カードの情報送付
 インターネットから送信
  和光ファミサポ自己紹介カード、送信

和光ファミサポ自己紹介カードはコチラ

協力会員が決まったら
①依頼会員、②協力会員、③センターまたはサブリーダーの3者で、事前打ち合わせをし、依頼内容の詳細をお互いで確認します。 ※サブリーダーとは・・ベテランの協力会員でセンターから依頼をさせていただいた方々です。 ※事前打合せとは・・上記ように関係者3者で顔合わせをし、依頼の詳細を確認する打合せのことをいいます。

↓↓↓

その5)事前打合せ(依頼会員、協力会員、センターまたはサブリーダーの3者で実施)

↓↓↓

その6)協力会員に直接援助依頼(依頼会員の作業

↓↓↓

その7)センターに連絡(依頼会員の作業
 
①その月初めての依頼の場合
協力会員の承諾を得たら、センターに連絡し、受付番号(保険を適用するための番号)をもらう 例 7-10(7月の活動の場合)
②同じ月に、追加で依頼する場合、キャンセルの場合
協力会員の承諾を得たら、センターに、受付番号に依頼を追加したことを連絡

センターへの連絡方法 メールまたは電話で行います。
①センターにメールで連絡(いつでも)受付番号は返信メールでお伝えします。
②090-6530-0961(平日9時~16時)受付番号はその場でお知らせします

メールでの連絡方法 
wakofamisapo@cap.ocn.ne.jp      

メールの記入例)
件名:(会員番号)××× (会員氏名)×××× (受付番号)×××
本文:8/14、太郎の学童の迎えとその後の預かりを丸山さんに頼みました。活動時間は18:50~21:00です。
※会員番号、受付番号(追加依頼などで)を既にもらっている場合は記入
※活動を依頼した場合は、日付、子どもの名前、活動内容、協力会員名、活動時間をお知らせください。

↓↓↓

その8)協力会員に受付番号連絡(依頼会員の作業

↓↓↓

その9)援助活動実施(力会員)

↓↓↓

その10)協力会員から報告書を受け取り、署名(依頼会員の作業
協力会員に報酬を支払う

★センターのメールアドレスからのメール送信について
センターからメールについては受信できるよう設定をしておいてください。また、端末の設定状況などによっては、迷惑メールフォルダなどにセンターから送ったメールが入ってしまう場合がありますのでご留意ください。

会員としての約束

・ファミリー・サポート・センターの活動は、支え合い活動です。会員同士に上も下もありません。自分勝手な行動や相手の事を考えない行動は慎み、充実した会員としての生活を送りましょう。
・個人情報の保護
  組合せとなっている会員や家族の情報は、他の人に決して漏らさないでください。
・連絡先等の変更連絡
  住所や電話、メールなどの連絡先、保育所などの所属先などが変わった場合は、組合せと
  なっている相手の会員とセンターに連絡してください。
・退会時の連絡
  組合せとなっている会員とセンターに必ず連絡して下さい。
・物品の斡旋、販売、お金の貸し借り、宗教の勧誘、選挙活動などは一切行わないでください。

依頼会員として気をつけること

・時間を守る)
 約束した時間は(開始、終了)は守り、送れる場合は早めに協力会員に連絡してください。
・援助が必ず全部出来るとは限りません)
 協力会員は体調や都合により、依頼を受けられないことがあります。打合せをした協力会員と調整がつかない場合はセンターにご相談下さい。
・援助中に必要なものの準備)
 おやつ、食事(ミルク)、オムツなど必要なものは原則として依頼会員が用意します。協力会員に了解を得て、お願いするときは実費を支払います。

協力会員として気をつけること

・活動の内容をよく確かめ無理のない範囲で依頼を受けてください。
・自分や家族の体調が悪い場合は、援助活動をお断りください。また、一度引き受けた依頼を
 やむを得ず断った場合は、センターにお知らせください。
・活動中は子どもから目を離さず安全に努めてください。
・活動後は、子どもの様子やその日にあったことなど依頼会員に伝えるなど、会員同士のコミュ
 ニケーションを大切にして下さい。

ファミリーサポートセンターパンフレット     ダウンロード
    
     
      
■産前・産後サポート事業について
 
産前や産後に、安心して過ごせるように
家事や育児を地域でサポートする、有償ボランティアの活動です。

■産前・産後サポートを利用できる方
原則として、市内に居住している人(市内に里帰りを予定している人を含む)で、母子手帳交付後から産後42日までの方。

■援助活動の内容
家事援助
 料理・買い物・洗濯・掃除・その他日常的な家事

 食事 2,3品程度の食事作り。食器洗い。
    ※使用してよい調理器具や食器の収納場所を伝えておきましょう。
 洗濯 干す、たたむ、取り入れ、アイロンがけ
 掃除 日常的な掃除(換気扇の掃除、庭の手入れ等はできません)
    ※貴重品など壊れやすいものはしまっておきましょう。
 買物
 ①お金を預けるときは、双方で金額を確かめ、メモしておきましょう
 ②何をどこの店でどのくらい買うか十分確認し、頼まれた品物が無い場合はどうするのかも
  打ち合わせておきましょう
 ③おつりは領収書やレシートを見ながら、必ず金額を0確かめましょう。
 ④買い物は生活必需品に限られます。そのため、薬、お酒、タバコ等嗜好品の購入は
  できません。
 ⑤買い物は必ずお金を渡してからお願いしましょう。時間外での買い物の依頼はできません。
 ⑥買い物に車やバイクを使用する場合は交通費が発生します。
 ※茶菓等の用意は必要ありません。
育児援助
 授乳・新生児の身の回りの世話・沐浴の介助・上の子の世話

 授乳 オムツ交換
 沐浴 沐浴の準備、介助、後片付け
    ※医療行為(おへその消毒や薬を飲ませることなど)は出来ません。
 上の子の世話
    ※家事援助を行わない場合は、ファミサポの活動になります。

●安心して活動するために
・依頼会員が不在の場合は活動できません。
・必ず打合せを行い、活動内容や留意点を確認します。
・基本的にセンターが活動日時を調整しますが、直接協力会員に依頼することも可能です。その
 場合、協力会員の承諾が得られたら、活動前にセンターに、活動日時、内容、協力会員名を
 お知らせください。センターへの連絡の無い活動は保険の対象になりませんのでご注意ください。
・活動中に知り得た情報は、他の人に漏らさないでください。
・会員同士での物品の斡旋、販売、お金の貸し借り、宗教の勧誘などは行わないでください。
・活動中に事故やトラブルが起きたときは、些細なことでもすみやかにセンターにお知らせ
 ください。

■報酬
平日午前8時~午後6時          840円/1時間
平日の上記以外の時間及び土、日、祝日  960円/1時間
年末年始(12/29~1/3)          1020円/1時間

●活動を依頼する最小時間と最大時間
・依頼時間は1時間からとし、最大4時間です。
・1時間を超える場合は30分単位で依頼します。
●延長時間
依頼した活動が予定時間内に終わらない場合、予定通り活動を終了するか延長するかは、会員同士で相談して決めてください。(活動時間を延長した場合、10分単位で料金が加算されます)
●万一協力会員が時間に送れた場合、時間を短縮するか、会員同士で相談し決めてください。(短縮された場合は10分単位で減額されます)
●依頼キャンセル費
・前日までの取り消し・・・ 無料
・当日の取り消し・・・依頼した時間の半額
・無断での取り消し・・・・全額
●交通費については、かかった実費を支払ってください。
協力会員宅までの交通費(車利用)100円
協力会員宅までの交通費(バイク利用)50円
活動に協力会員の車を使用した場合、190円(市内)を活動費

●保険
万が一に備えNPO総合保険に加入します。
●賠償責任保険・・子育てサポーターが利用者の身体や財物に損害を与えて賠償責任を負った時
の保険 
●傷害保険・・お子さんがケガなどをされた場合の保険

登録から利用までの流れ

その1)インターネットから登録(依頼会員入会希望者の作業
和光市ファミリー・サポート・センター 入会申込を開き、入力、送信

協力会員の紹介は、最低1回以上、具体的な利用日時が決まって
からとなりますのでご了承ください。

入会申込はコチラ

↓↓↓

その2)援助が必要になったら以下①(希望援助内容の連絡)を行います(依頼会員の作業、※援助希望日などが既に決まっている場合は入会申込と一緒に行っても構いません。)
援助申込右記①
①希望援助内容の連絡
方法1センターに電話 
 090-6530-0961(平日9時~16時)
方法2インターネットから送信
 和光産前・産後サポート協力会員紹介依頼フォーム を開き、入力、送信               

和光産前・産後サポート協力会員紹介依頼フォームはコチラ

↓↓↓

その3)協力会員探し、事前打合せ日程調整、及び依頼会員への事前打合せ日程連絡(センターの作業)

↓↓↓

協力会員が決まったら
①依頼会員、②協力会員、③センターまたはサブリーダーの3者で、事前打ち合わせをし、依頼内容の詳細をお互いで確認します。 ※サブリーダーとは・・ベテランの協力会員でセンターから依頼をさせていただいた方々です。 ※事前打合せとは・・上記ように関係者3者で顔合わせをし、依頼の詳細を確認する打合せのことをいいます。

↓↓↓

その4)事前打合せ(依頼会員、協力会員、センターまたはサブリーダーの3者で実施)
※事前打合せは依頼会員宅で行います。

↓↓↓

その5)協力会員に直接援助依頼またはセンターから協力会員に依頼

↓↓↓

その6の1)センターに連絡(依頼会員からセンターに直接依頼した場合)

①その月初めての依頼の場合
協力会員の承諾を得たら、センターに連絡し、受付番号(保険を適用するための番号)をもらう 例 7-10(7月の活動の場合)
②同じ月に、追加で依頼する場合、キャンセルの場合
協力会員の承諾を得たら、センターに、受付番号に依頼を追加したことを連絡

センターへの連絡方法 メールまたは電話で行います。
①センターにメールで連絡(いつでも)受付番号は返信メールでお伝えします。
②090-6530-0961(平日9時~16時)受付番号はその場でお知らせします

メールでの連絡方法 
wakofamisapo@cap.ocn.ne.jp      

メールの記入例)
件名:(会員番号)××× (会員氏名)×××× (受付番号)×××
本文:8/14、買い物と沐浴の介助をを山元さんに頼みました。活動時間は14:00~16:00です。
※会員番号、受付番号(追加依頼などで)を既にもらっている場合は記入
※活動を依頼した場合は、日付、活動内容、協力会員名、活動時間をお知らせください。

その6の2)センターが協力会員に依頼の調整を行った場合
承諾後、依頼会員に連絡をします。

↓↓↓

その7)協力会員に受付番号連絡

↓↓↓

その8)援助活動実施

↓↓↓

その9)協力会員から報告書を受け取り、署名
協力会員に報酬を支払う

産前産後サポートパンフレット   ダウンロード

★センターのメールアドレスからのメール送信について
センターからメールについては受信できるよう設定をしておいてください。また、端末の設定状況などによっては、迷惑メールフォルダなどにセンターから送ったメールが入ってしまう場合がありますのでご留意ください。


その他の援助活動

援助してほしい人(利用会員)と援助できる人(サポート会員)による地域の助け合いで、お子さんの風邪や発熱の際の預かり、宿泊を伴う預かり、保護者の体調不良等での緊急的な一時預かりを行う「緊急サポート事業」もございます。

緊急サポート事業についてはコチラ

バーコード

ブログ内検索